作業員

プライベートが暴かれる前に|プロに任せて盗聴器調査をしよう

盗聴のリスクを防ぐ

男性

最近では高性能な盗聴器が大量に市販されているため、盗聴のリスクを防ぐことが難しくなっており、個人にも企業にも大きな被害を与える可能性があります。プロによる盗聴器調査サービスは、市販の盗聴発見器より高精度なので人気があります。

読んでみよう

実はあなたの近くにも

作業員

盗聴器発見には自分で行う方法や業者に依頼する方法があります。発見するのは自分でも可能な場合があるが、取り外しには国家資格が必要なこともあるので、業者に依頼する方が確実であります。泥棒や強盗、ストーカーといった二次的犯罪につながるおそれもあるので早めに対策すべきです。

読んでみよう

盗聴器の調査

虫眼鏡

盗聴器とその対策

個人宅や企業などにおける危機の1つとしてあるのが、盗聴器による盗聴行為である。個人宅に盗聴器が設置された場合、プライベートな会話や個人情報がそこから漏洩するリスクが大幅に高くなる。また、企業などで盗聴器が仕掛けられた場合には、企業秘密となる情報や企業の戦略などを盗み聴かれる危険性が有り、大きな損害につながる恐れもある。これらの盗聴器については、小型化が進んでおり、身の回りにあるものでどこに仕掛けられているか個人で特定することは不可能に等しくなっている。盗聴器では、電源が必要になるため、電源タップの中や電気で稼働する製品の中などに仕掛けられるケースが多くなっている。これらを見つけるためには、盗聴器調査を行う必要がある。

業者による調査

盗聴器調査では、盗聴器から発せられる電波を拾う特殊な機器を用いて調査が行われる。これらの機器については、個人では通常は持っていないため、専門の盗聴器調査業者に依頼して調査してもらう必要がある。盗聴器調査については、業者に依頼することで比較的簡単に見つけることができる。盗聴されていることが疑わられる場合などにおいては、その心配解消のためにも盗聴器調査を依頼することが良い。盗聴器調査においては、24時間365日受け付けを行っている業者もあり、気になった場合に連絡することで、直ぐに調査してもらうこともできる。盗聴に設置では、個人宅では知り合いや身内などごく近い人が設置するケースもあるため、設置されることを防ぐことも併せて必要である。

安心の暮らしに必要な事

調査員

最近では一般家庭にも盗聴器が見つかることもあり、危機管理の心構えが大切になっています。盗聴器の種類などを知ることで、より発見を容易にすることが可能です。特殊なケースの場合にはプロの業者に依頼することで、安全に解決できます。

読んでみよう