盗聴のリスクを防ぐ|プライベートが暴かれる前に|プロに任せて盗聴器調査をしよう
作業者

プライベートが暴かれる前に|プロに任せて盗聴器調査をしよう

盗聴のリスクを防ぐ

男性

個人でも企業でも

ストーカー被害の認知件数は、10年間で8倍にも増加したという統計があります。現在では電気街へ行けば簡単に盗聴器が入手でき、年間の販売台数は40万台にのぼると言われています。身の回りに十分に気をつけていても、盗聴されるリスクをゼロにはできません。たとえば賃貸住宅に入居前から盗聴器が仕掛けられていたり、中古で購入した家電製品に紛れ込んでいたりするケースがあります。専門家による盗聴器調査は、こうした不安を解消できることがメリットです。個人的なストーカー被害も軽視できませんが、企業で技術情報や顧客情報が外部に漏洩すると、経営に重大な影響を及ぼしかねません。このような場合にも緊急の盗聴器調査が必要になります。

盗聴発見器の限界

盗聴器が大量に販売される一方で、個人向けの盗聴発見器も比較的簡単に入手できるようになっています。ただし安価な盗聴発見器は精度が低く、盗聴器の間際まで接近しないと発見できません。また発見できない周波数帯があったり、盗聴器以外の電波を誤認したりする可能性があります。プロによる盗聴器調査は、これより遥かに高精度なので人気があります。最近では盗聴器も高性能になり、盗聴発見器で発見されにくい機種が普通に市販されています。盗聴器と発見器のいたちごっこと言ってもよいでしょう。ですから本格的な盗聴器調査には、高度な専門知識と機材が必要になります。発見業者の調査能力にも差があるので、信頼性の高い業者を選ぶことが大切です。